Really? はただの「あいづち」

日常

areyousure

本気で「ほんとに?」と聞き返すなら「Really?」じゃなくて「Are you sure?」

 
私達日本人が「ほんとに?」と聞き返すときにパッと出てくる英単語と言えば「Really?」だと思います。

 

あくまでも私の主観的な考えなので、全ての日本人が対象になる訳ではないのかもしれませんが、そういうことにしておいてください。

 

ということで、そういうことにして話を進めますが、私は英語ネイティブと話をするときに「Really?」を多用していた時期がありました。

 

それがいいとか、しつこく思われるのであまり使わないほうがいいとか、そういうことは気にせずガンガン使っていました。

 

もう口癖と言っていいレベルたっだかもしれません。

 

でもどうしてそんなに多用していたかというと、ネイティブにとっての Really? が「へえ~そうなんだ~」ぐらいの「あいづち」だと知ったからなんですね。

 

つまり、言葉が出てこないときに会話が途切れないようにするための返し文句の1つとして使えると思ったんです。

 

他にも、How about you? などいくつかのパターンを用意していましたが、一番瞬発力を発揮できたのが「Really?」でした。

 

実際には、あまり多用すると「馬鹿にしてる」と思われるそうなので、現在は控えるようにしているのですが、それでも英会話の中での「あいづち」の1パターンであることは間違いありません。

 

じゃあネイティブが「ほんとに?」と聞き返す時に何を使うかと言うと、「ほんとに?」って本気で聞き返す気がないのにとりあえず聞き返しとく感じならReally?

 

本当にそうなの?と軽く真意を確かめたい時に使うなら Are you sure? です。

 

実はこのフレーズはNHKの番組で覚えたことをえらそうに記事にしているのですが・・・。

 

ニュアンス的には軽く真意を確かめたいときに使えるフレーズなので、友人との会話で活躍します。

 

もっと本気で聞き返すときには

Are you serious? になります。

 

「本気で言ってる?」 とか 「マジで?」 という少し強いニュアンスになるので、聞き返すときの本気度で使い分けるといいと思います。

 

他にも言い方はありますがとりあえずは、瞬間的にこの3つが使いこなせればOKだと思います。

 

ニュアンスが [弱い] Really? ⇒ Are you sure? ⇒ Are you serious?  [強い]

 

もっと強い言い方だと、出川哲郎さんの言ってる

 

人差し指を頭にあてながら

 

Are you crazy? (お前はバカか?)ってやつですね。

 

芸人さんのようにギャグで使ってるのが分かってもらえるならいいですが、実践では使わないほうがいいかもしれません。

 

これらのニュアンスはNHKで覚えたという話をしましたが、お金がないなら余計な英語教材を購入するよりも、NHKを見て勉強したほうが経済的ですし、相当オススメです。

 

受信料を払っているからには元を取りたいですね。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です